CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
美味しんぼ (1)
美味しんぼ (1) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲, 花咲 アキラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
3mm
四国エリアタイドグラフ
四国エリアムーン表示
weather osaka
大阪港 潮見表
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
SPECTRUM feat. DJ WADA×A.MOCHI
Saturday,3rd,July 2010
Absolutely underground music for lost generation
SPECTRUM

DOOR:2,500yen(w/1d)


>>>LIVE SET
A.MOCHI (Figure)

>>>DJ SET
DJ WADA (CO-FUSION)
omo(FUSION/Charm/Lovehenhouse/Palette)
OOSHIMA SHIGERU (SOCIAL INFECTION/DUB MAGUS FROM BEIRUT)

PCO (gift(N) / VERONICA)
MASAHIRO GODA (SPECTRUM)


>>>DECO
OREO

>>>LIGHTING×LASER WORK
SENCE OF WONDER (SPECTRUM)

--

DJ WADA (CO-FUSION)
80 年代初頭の六本木のディスコ「キャステル」よりDJのキャリアをスタートしたDJ WADA。現在約30年近くになるそのキャリアが培った、一見しただけでは説明できないほど複雑なEQの操作とフェーダーさばき…そんな正確無比なテクニックを持ち日々ダンス・フロアを操ってきた彼は、筋金入りのクラブ・フリークからも熱く支持されるDJである。六本木時代からの仲間のDJ/プロデュー サー、Heigo TaniとのユニットCo-Fusion名義では3枚、Atom名義では1枚のアルバムをリリース。アナログで発表した作品は20タイトルを超える。数々 の国内大型パーティーへライブ・アーティストCo-Fusionとしての出演を重ね、DJ WADAとしても日本のテクノの歴史を語る上で欠かすことのできないイベントに数多く出演。世界基準の音楽性やスキルは海外からも注目を集め、多数海外レーベルからの作品でも第一線のアーティストに全くひけをとらないクリエイティビティを発揮し、ヨーロッパ圏、アジア、アメリカなどへの遠征を重ね、合わ せると10カ国以上でのプレイを果たしてきた。
‘05年にクローズした伝説のクラブMANIAC LOVEでは12年間毎週土曜のレジデントDJを務め、その安定した人気と良質なテクノのレギュラーパーティー「Cycle」の名を 知らしめた。英「MUZIK」誌においても2000年には彼のパーティー「Cycle」およびMANIAC LOVEが世界のベスト・クラブに選ばれたという事実が示すように、そのプレイを聴いた多くのパーティーフリークが彼のDJのファンとなり、さらに、同業 者である多くのDJ達も彼の影響を受けたと公言する、まさに日本が誇るDJの中のDJである。

A.MOCHI (Figure)
東京を拠点にLive Act,DJとして活動し、Len FakiのFigure、Francois KのWaveTec、Luke SlaterのMote-Evolver、Sven VathのCocoon、DubfireのSCI+
TEC などビッグネームのレーベルからEP、Remixなどからリリースを重ねる プロデューサー。 2006 年よりHighland、Hardsignal、Tremorsなどからコンスタンスにリリースを重ね、2007年には Luke SlaterのレーベルMote-Evolverから2作品をリリース。2008年にはAlex BauのレーベルKumoより2枚の12インチをリリースした他、Francois K.のレーベルWaveTecよりリリースする。2008年10月には世界最高のクラブと称されるBerghainのレジデント Len FakiのレーベルFigureからリリースしたBattry EPがビックネーム達にプレイされ話題となる。2009年にFigureからリリースしたBlack Out EPが好セールスを記録すると共にSven VathのCocoon RecordingsからLen Fakiのヒット曲"Death By House"のRemixをAdam Beyer&Jesper DahlbackのRemixと共にリリース。他にもDubfire(Deep Dish)のSCI+TECやFigure、Craft MusicからRemixをリリースしEP、Remix含め10枚を超える12インチのリリースをしている。またChris LiebingのCLR PodcastへのMIX提供や頻繁に届くリリース・Remixオファーはヨーロッパでの注目度が高まっている事が伺える。トレードマークでもある力強い 重厚な楽曲はLen Faki、Luke Slater、Francois K.、Richie Hawtin、Adam Beyer、Dubfire、Mauro Picotto、Chris Liebing、Dave Clarke、Takkyu Ishino、Slam、Rejected、Deetron、Speedy J、Paul Van Dyk、Anja Schneider、Mark Broom、Alex Bau、Brendon Moeller、Jerome Sydenham、Josh Wink、Joel Mull、Julian Jeweil、TomCraft、Umek、Felix Krocherなどビッグネームにプレイサポートされており世界的な評価を得ている。2010年にもいくつかのリリースを控えておりその勢いはとどまるこ とを知らない。
http://amochi.re-sound.jp
http://www.myspace.com/amotch


omo(FUSION/Charm/Lovehenhouse/Palette)

千葉出身、兵庫生まれの25歳。2005 年度より本格的にDJ活動をスタートし屋内/野外をとはず様々な形態のPartyに参加。ミニマルを通過してからの彼自身の得たミニマリズムを軸としながらも Techno/Houseをワイドレンジに織り交ぜ、怪しさの中にフォーカスされた光を感じさせる世界を意識し、音の持つ美そして深みを如何に引き出す事に情熱を傾けてプレイ。2009年、音を追求する上で影響を受けたNOPとtecによる計12時間にも及ぶアンダーグランドParty「FUSION」に加入。また09年度末よりYuyama Tsuyoshi/hyota. /ARI/VJの9TV/カメラマンのKTOによる[Charm]という同年代のそれぞれの持つ魅力にフォーカスしたPartyを始動。2010年春「Charm Open Air」を開催し成功を収めている。

info:http://www.namba-rockets.com/?p=789#more-789
| CLUB/PARTY | 23:16 | comments(0) | - |
2010.06.19.sat FUSION@ROCKWEST


2010.06.19.SAT
FUSION@ROCKWEST

■ Line up

[Guset DJ]
KZA (FORCE OF NATURE)

[DJ]
山頂瞑想茶屋 (LIGHTHOUSE / DEEP)
MASAHIRO GODA (Spectrum / from Osaka)
YYOCHINN (Rule / DORMITORY K / CHEST!!!)
KIMURA YUTA (brain)

[Resident DJ]
NOP (FUSION / DIAL / troplott music)
omo (FUSION / Charm / Palette / Lovehenhouse)
tec (FUSION / SLASH)

[VJ]
V-sign Graphic ( Yashio Yonekura & 9TV )

計12時間にも及ぶロングタイムパーティーで東京のアンダーグラウンドシーンを刺激し続けている"FUSION"18回目の開催となる今回は、朝の部ゲストとして1st ALBUM 『D.A.E.』をMULEMUSIQのサブ・レーベルENDLESS FLIGHTよりリリースしたばかりのKZAを迎えての開催となる。更に夜の部には、野外パーティー"anoyo"や"渚"などで名を馳せる山頂瞑想茶屋、大阪随一のアンダーグラウンドテクノパーティー” Spectrum”よりMASAHIRO GODA、コアなトランス通のクラウドから称賛され続けている”DORMITORY K”を主催するYYOCHINNをブッキング。この日のROCKWESTのフロアは極限までに太陽へと接近!灼熱の惑星へとトリップさせてくれるであろう。地上7階最深アンダーグランド "FUSION"の航海はまだまだ続く。
http://www.clubberia.com/parties/158671
| CLUB/PARTY | 23:00 | comments(0) | - |
SPECTRUM 10th ANNIV.PARTY!!
詳細が出たのでご報告させて頂きます。
盛り上がっていきましょー!
メ〜ン!

■2000⇔SPECTRUM 10th ANNIVERSARY⇔2010…■

受け取るたびに見えなくなって、
見いだす度に消えていって、気がつけば10年の歳月。
あんな顔や変な顔、こんな顔にどんな顔?
面倒臭い奴や親友と呼べるまでになった奴。

出会いと別れ…。
…それぞれの節目にはスペクトラムというパーティーがありました。

諸先輩方、DJの皆様、物好きな光彩チーム。
そして、足を運んでくれた全ての方々に支えられた10年。
行き当たりばったりとも言える年月から得たものは、何物にも代え難く大事な宝物となりました。

これからも相変わらずマイペースにやって行ければと…。
時に皆様よりのご指導ご鞭撻を頂戴できれば幸いかと存じます。

盛り上がっていこうぜ!!!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◇SPECTRUM◇
 2010/03/27(sat) @CLUB ROCKETS 23:00-
 DOOR: ¥2,500.-(w/1drink)

◇DJ◇
■SHIN NISHIMURA (PLUS RECORDS/SCI+TEC)
 http://www.myspace.com/shinnishimura

■KIHIRA NAOKI (SOCIAL INFECTION)
 http://www.myspace.com/kihiranaoki
 http://www.socialinfection.org

■OOSHIMA SHIGERU (SOCIAL INFECTION/DUB MAGUS FROM BEIRUT)
 http://www.myspace.com/dubmagusfrombeirut
 http://www.socialinfection.org

■TEZ (RAFT TOKYO)
 http://www.myspace.com/raftokyo

■KAI (SPECTRUM)

■MASAHIRO GODA (SPECTRUM)

◇LIVE◇
■A.MOCHI (FIGURE)
 http://amochi.re-sound.jp/

◇LIGHTING×SPACE LAZER◇
■SENCE OF WONDER


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆SHIN NISHIMURA (PLUS RECORDS/SCI+TEC)
「何もない状況は当たり前。だからポジティブに考えればいい。」上海に拠点を
置いていた時代、中国の政治的な動きや法律など様々な向かい風が吹き荒れる中、
上海と北京にてテクノパーティー「PLUS」をスタート。
現地にテクノ・シーンを根付かせることに成功する。2001年、にはドイツの最大
のテクノ・レイヴ「MAY DAY」に出演。翌年、日本でも「PLUS TOKYO」をスター
ト。それに続き、2004年にはセルフレーベル「Plus Records」をを再スタート。2005年4月には初のフルアルバム「STAR☆LIGHT」を発表し、日本最大の屋内レイヴ「WIRE05」においてはライブアクトで出演。WIRE史上でライブ、DJのでの出演経歴は石野卓球、ケンイシイに続く3人目となった。「PLUS TOKYO」4周年にクラブAIRでライブレコーディングしたMIX CD「MIX WITH A CHEER」のリリース、2007年にはセカンドフルアルバム「VLOW」、2008年サードセルフアルバム「IDENTITY POLITICS」をライブセットとして「PLUS TOKYO」にてライブレコーディング。と様々なユニークな作品の発表でプロデューサーとしても瞬く間にパワーアップし、海外からも再度注目を浴びる。同年、ドイツ、フランスからのリリースを皮切りにUK音楽雑誌「iDJ MAG」の「ベスト・テクノチューン」に選ばれ、全世界のミニマル部門チャートで6位を記録。そして2009年DEEP DISHのメンバーであるDUBFIREの運営するレーベル「SCI+TEC」から「Frustration」をリリースし、TIESTO,KEN ISHIIなど数々のトップDJのチャートイン、JOHN DIGWEEDやCARL COXのラジオ番組でプレイされ、数々のオランダ、スペインを中心とした巨大イベントへの出演など、世界の活動からも目が離せない。ロンドン、上海、東京…と拠点を変えキャリアを積んだSHIN NISHIMURAだからこそ作り出せる音の世界観をぜひ体感して欲しい。
http://www.myspace.com/shinnishimura
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆KIHIRA NAOKI (SOCIAL INFECTION)
音をジャンルで分類することの無力さに気づかせてくれるDJ。
パンクのカオス感やレゲエの精神性さえもエレクトリックダンスミュージックとして表現できる、日本では希少な存在となっている。
その独自性はパーティーに対するストイックな姿勢から生まれ、「DJであることはもちろんだが、それ以前にその場の一員でありたい」と語る彼は、常にフロアとブースの接点を探す。
現場に音を打ち込み「壁」を壊し、どこにも中心のないネットワークを作る。
その空間全体の自律的な動きを感じとり「発火装置」に点火し、自身もその流れに身を任せる。彼が発するグルーヴとは、実は新たに生まれつつあるコミュニティが、自ら歓びに震えて発する叫びなのである。
http://www.socialinfection.org/
http://www.myspace.com/kihiranaoki
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆OOSHIMA SHIGERU(SOCIAL INFECTION/DUB MAGUS FROM BEIRUT)
十代半ばから関西アンダーグラウンドにおいて、いくつかのハードコア〜オルタナティブバンドに参加し数多くのリリース、ツアー等をこなしてきた。 2000年から活動したbeirut5を母体に派生したDUB MAGUS FROM BEIRUTにて、現在は活動中。これまで数本のライブしか行っていないが、既に共演したDANDY JACKやAndrew Weatherallらからもそのライブは賞賛の声を得ている。DJとしては2003年からKIHIRA NAOKIらがオーガナイズするS.I/地下茎に参加。東心斎橋のバーatmosphareにて毎週水曜日にレギュラーでプレイなど。
http://www.socialinfection.org/
http://www.myspace.com/dubmagusfrombeirut
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆A.Mochi (Figure)
東京を拠点にLive Act,DJとして活動し、Len FakiのFigure、Francois KのWaveTec、Luke SlaterのMote-Evolver、Sven VathのCocoon、DubfireのSCI+TECなどビッグネームのレーベルからEP、Remixなどからリリースを重ねるプロデューサー。 2006 年よりHighland、Hardsignal、Tremorsなどからコンスタンスにリリースを重ね、2007年にはLuke SlaterのレーベルMote-Evolverから2作品をリリース。2008年にはAlex BauのレーベルKumoより2枚の12インチをリリースした他、Francois K.のレーベルWaveTecよりリリースする。2008年10月には世界最高のクラブと称されるBerghainのレジデントLen FakiのレーベルFigureからリリースしたBattry EPがビックネーム達にプレイされ話題となる。2009年にFigureからリリースしたBlack Out EPが好セールスを記録すると共にSven VathのCocoon RecordingsからLen Fakiのヒット曲"Death By House"のRemixをAdam Beyer&Jesper DahlbackのRemixと共にリリース。他にもDubfire(Deep Dish)のSCI+TECやFigure、Craft MusicからRemixをリリースしEP、Remix含め10枚を超える12インチのリリースをしている。またChris LiebingのCLR PodcastへのMIX提供や頻繁に届くリリース・Remixオファーはヨーロッパでの注目度が高まっている事が伺える。トレードマークでもある力強い重厚な楽曲はLen Faki、Luke Slater、Francois K.、Richie Hawtin、Adam Beyer、Dubfire、Mauro Picotto、Chris Liebing、Dave Clarke、Takkyu Ishino、Slam、Rejected、Deetron、Speedy J、Paul Van Dyk、Anja Schneider、Mark Broom、Alex Bau、Brendon Moeller、Jerome Sydenham、Josh Wink、Joel Mull、Julian Jeweil、TomCraft、Umek、Felix Krocherなどビッグネームにプレイサポートされており世界的な評価を得ている。2010年にもいくつかのリリースを控えておりその勢いはとどまることを知らない。
http://amochi.re-sound.jp
http://www.myspace.com/amotch
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆TEZ (RAFT TOKYO / Gemini Recordings)
1997年より活動を開始。自身がDJ・プロデュースをし、関西シーンに衝撃を与えた
RINGも、BAYSIDE Jennyのクローズと共に休止へ…
2000年にスペインのテックトランスレーベルBOSHKE BEATSのオフィシャルDJに抜擢され、プレイスタイルもテクノへ移行。
2003年に東京へ上京し、新しいオーガナイズパーティー77ELECTROを不定期に
開催。2005年には東京発ダブテクノレーベルGemini Recordingsの
DJ・トラックメーカーとしても活動の幅を拡げる。そして今年2008年、圧倒的世界
観で国内はもとより海外からも高い評価を得る事に成功し、新たにラウンチしたパーティー「RAFT TOKYO」のレジデントDJとして活動している。
http://www.myspace.com/raftokyo
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆KAI (SPECTRUM)
90年代初頭、今はなき京都のクラブMushroomにて、初めてテクノ・ハウスミュージックを体験し衝撃を受け、レイブカルチャーに傾倒、間もなく自身もDJ活動を開始する。その後、大阪Bayside Jennyを拠点に関西のテック・ミニマルトランスシーンを牽引してきたオーガナイズ集団Ringに参加。自身も地元神戸にてfreeXstyleを主催する。Ringの活動休止後、難波Rocketsを拠点にRoman Flugel、Ellen Alien、Los Hermanos、PASCAL FEOS等を招聘し、独自の世界観で精力的に活動するSPECTRUMに参加。
野太いボトムグルーヴをベーシックに、音と音の狭間に存在するファンクネスを抽出、表現する為に、日々精進しています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆MASAHIRO GODA (SPECTRUM)
中2で関西某球団の私設応援団に強制加入。トランペットを担当。その時から巡業と放浪、旅の人生が始まる。20代、サーフィンに没頭。ハワイ、バリ、宮崎、湘南、千葉などをトリップ。多くの素晴らしいサーファーから、ポジティブエナジーと共に、レゲエやルーツミュージックの素晴らしさを教えてもらう。
1998年、今はなき大阪−南堀江、火の鳥村[Cafe del sol]にてテクノミュージックに遭遇、DJ開始。
2001年[HAPPINESS]2002年[Sticky]2004年[Habitual]開始。
全ての人が、ありのままに、その状態を楽しめるような、そんなナチュラルで甘美な音の空間を少しでも作るべく、日々精進。全国釣行。これまでに出会った多くの人たちへの感謝の気持ちをターンテーブルに充填し、音圧をあげていきます。
http://goda.jugem.jp/
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
| CLUB/PARTY | 10:01 | comments(0) | - |
これは行くべき!
つい先日、うちの会社にしげる氏がきたのですが、
その時に教えてもらい、

まじでーーーーー!!!

ってなりました。

SPECTRUMの前日です。

SOCIAL INFECTION in ANDREW WEATHRALL
http://www.beatink.com/events/Andrew_Weatherall/
http://socialinfection.org/

関連作品より、
Why Don't You Take Me - Underworld Remix - One Dove


| CLUB/PARTY | 11:08 | comments(0) | - |
CLUB ROCKETS × SPECTRUM presents SPECTRUM EXCLUSIVE PARTY
CLUB ROCKETS × SPECTRUM presents
SPECTRUM EXCLUSIVE PARTY

[ELECTRIC BEHAVIOR]

2009 11/21(SAT) 23:30 -
@CLUB ROCKETS

ADV:2500 (with 1D)
DOOR:3500 (with1D) 

◆GUEST DJz >>>
ROMAN FLUGEL (aka ALTER EGO / from BERLIN)
REE-K (THREAD / Hypnodisk / from TOKYO)
TEZ (RAFT TOKYO / Gemini Recordings / from TOKYO)

◆SPECIAL GUEST LIVE SET >>>
A.Mochi
(Figure / from TOKYO)

◆DJ >>>
MASAHIRO GODA (SPECTRUM)

◆SPACE DIRECTION >>>
mind-bending (unique)

◆SPACE LAZER WORKS>>>
SENCE OF WONDER (SPECTRUM)

more information… www.namba-rockets.com

ROMAN前回来日時の様子↓
| CLUB/PARTY | 20:53 | comments(0) | - |
"CLUB CLAPPER 3rd Anniversary" gift(N) × SPECTRUM feat. SOMEONE ELSE
CLUB CLAPPER 3rd Anniversary
gift(N) × SPECTRUM feat. SOMEONE ELSE

@CLUB CLAPPER
http://www.clapper.jp

DAY / TIME >>>
2009.10.11 SUN [BEFORE HOLLDAY] / 23:30 START

FEE >>>
ADM: 3,000yen [WITH 1DRINK] W/F: 2,500yen [WITH 1DRINK]

LIVE ACT >>>
SOMEONE ELSE [FOUNDSOUND RECORDS from PHLLADELPHLA US]

DJ >>>
SEI [DEVILFISH / WA SURF]
Loe [SPECTRUM]
PCO [gift(N)]
MATSUO AKIHIDE [gift(N)]

LASER >>>
SENCE OF WONDER [SPECTRUM]

DECO >>>
OLEO

FOOD >>>
ABETICA

INFO >>>
http://www.myspace.com/giftn

■SOMEONE ELSE [FOUNDSOUND RECORDS from PHLLADELPHLA US]
アメリカ、フィラデルフィアを拠点にDJ/プロデューサー/ライブアクトとして活躍するSomeone Else、ことSean O’Neal。流れるようなグルーヴと、繊細でありながらもユーモラスなそのサウンドのルーツは、音楽一家で生まれ育ち、祖父、父親と共に過ごした幼少期にあるという。高校で音楽の教師を務め、かつてはベーシストとしてBill Hailey、Cometsと活動していた祖父。ロックバンドで5、60年代に活躍した父親のもと、Seanはコーラスやミュージカルに参加し、充実した幼少期を過ごす。そして、当時祖父、父親と共に見聞きした、部屋中の様々な物体を叩きながら音楽を作りあげるSpike Jonesの作品が、自身の作品に大きな影響を及ぼしているという。プロデューサーとしてのデビュー当初はDarla、Morr Music、Endorphinといったレーベルからelectro popをリリースしていたSeanだが、90年代終盤にOrb、Plastikman、King Tubby、Matthew Herbertといったアーティストの影響を受け、次第にtechno/houseに傾倒していく。特に、かつて祖父、父親と見聞きしたSike Jonesを彷彿とさせるHerbertの自然音と電子音を組み合わせたスタイルに魅了されたSeanは次第に独自のminimal technoを追究して行く。 98年にJay Haze、Bjoem Hartmannと共にレーベルTuning Sporkを立ち上げ、フィールドレコーディングを基調としたダンスミュージックを創るようになり、やがてMiskate(Kate Iwanowicz)とSylvain Takerkartと共に立ち上げたレーベルFoundsound/Unfoundsoundは今日、そのモダンなミニマルサウンドで世界中のマニアを魅了している。自身のレーベルは勿論、Mo’s FerryやKixkboxer、Sender、Alphahouse、Mule Musiqなど数々のレーベルから数々のリリースを重ねていることからも、Seanのプロダクションスキルの評価の高さが伺われる。また、06年には Groove Magazineの年間ベストアクトの1人として選ばれるなど、ライブでの評価も高く、これまでにFabric(ロンドン)、Rex Club(パリ)、Panorama Bar(ベルリン)、Yellowなど、世界各地の有名クラブで強力なライブセットを披露してきている。楽曲制作以外の経験も豊富でありフィラデルフィアやニューヨークでMagda、Matthew Dear、Sammy Dee、Geoff White、Jeff Milligan、Daniel Bell、Dinkyらとパーティをプロデュースする一方で、XLR8Rなど、各種音楽雑誌で記事を掲載するなど、音楽ジャーナリストとしての活動も行っており、表舞台、裏方を問わず、シーンの牽引役を担っている。


http://www.myspace.com/47584071


http://www.foundsoundrecords.com
| CLUB/PARTY | 14:27 | comments(0) | - |
レギュラー
2ヶ月に一回、

こけちゃんと二人、

レギュラーでDJやる事になりました。


偶数月
第4日曜日
19:30〜22:30

dj

C◎KE

MASAHIRO GODA

@abce

bar感覚で飲みにきて下さい。
| CLUB/PARTY | 23:57 | comments(0) | - |
RUDE
2008年2月、フランスよりANTHONY COLLINSを招き、大正sound-channelにて大盛況を収めたTECHNO PARTY "RUDE"
 今回はIBIZAやBERLIN等で活躍中、そのANTHONY COLLINSらも所属するレーベルVinyl ClubのレーベルオーナーでもあるLUC Ringeisenを招き、一部の酔いどれパーティーピープルの間で密かに注目を集めているスポット、 アメリカ村のアジアンレストラン"EXODUS"にて開催されます!!

2009.07.18.sat
RUDE
-LUC Ringeisen Japan Tour in Osaka-
@EXODUS http://exodus728.com/
Start 23:00  close 08:00
Door ¥2500/w1drink

■DJ
LUC Ringeisen(Vinyl Club/from Berlin)
YUKI(GADO GADO)
HIDE(Deepulse/B.M.F)
TAKE(THREAD/R-Type/Zerocontact)
Masahiro Goda(SPECTRUM/Habitual)
and more..

■LASER
SENCE OF WONDER (SPECTRUM)


LUC Ringeisen (Vinyl Club / Berlin)
フランス出身のLuc Ringeisenは、2003年よりイビザにてレコードストア"Vinyl Club"をスタート。
さらに、2005年にレーベルVinyl Club Recordingsを設立、Petre Inspirescu、Jonas Kopp、DJ Sossa、Modi、Anthony Collinsらプロデューサーの発掘や、世界的にも有名なクラブDC-10 (CircoLoco)への参加もあり、すぐに大成功を収める。
その後Luc Ringeisenは、2007年よりレーベルと共に拠点をベルリンへと移し、ヨーロッパ各都市でレーベルショーケースを開催している。
またプロデューサーとしてもその才能は傑出しており、南国リゾートを思わせるスイートで妖艶なダビー・トライバル・トラックはMargaret DygasやRebootらにサポートされ、今後はSafari Electronique、Hyper Colourより新作のリリースを予定している。
初来日となる今回、その独特なトロピカルサウンドで僕らを楽園へとトリップさせてくれるに違いない。
http://www.myspace.com/lucringeisen

-TOKYO-
2009.07.19.SUN
FUSION@ROCKWEST
| CLUB/PARTY | 10:39 | comments(0) | - |
ONGO@EXODUS FREE PARTY!!!
マスコミの煽りをモロに受け、
神戸・大阪は大騒ぎになっているようですね。

さっき葛西のホームズ行きましたが、マスクはほぼ売り切れですた。。。

5月最後の金曜日、素敵なフリーパーティーに誘って頂きました。
ノーチャージなので、その分で酒飲めますね!
アルコールでウイルスを退治しましょう!

"ongo"

LONG LIVE OSAKA TECHNO AND HOUSE

!!!FREE PARTY!!!

2009.5.31 FRI
at EXODUS
START 22:00
Entrance Fee Free!!


きのこオレンジDJ
HIDE
(Deepulse/B.M.F)

Mai
(ongo:exodus)

Masahiro Goda
(Spectrum)


WATALU
(NYX/azafuze/tribal garden)

きのこグリーンLighting

MOTOIKE

きのこブルーFOOD

EXODUS
| CLUB/PARTY | 20:16 | - | - |
SPECTRUM×CLUB ROCKETS PRESENTS 【COLORWHEEL】 GW SPECIAL!!
今週気合入れていきますパンチ
KIHIRAさんにTEZくん、
A.MOCHI氏、最近の久々HIT!!かっこいいです。
http://www.myspace.com/amotch

よろしく!


スペクトラムのFREE PARTY企画第4弾はGWスペシャル。Len Fakiや、Francois Kなど超大物のレーベルからのリリースを重ねる日本人アーティスト「A.mochi」待望の大阪初ライブです!!説明不要KIHIRA NAOKIに加え、東京よりTEZも出演します。
盛り上がっていきましょう!!!



SPECTRUM×CLUB ROCKETS PRESENTS
【COLORWHEEL】 GW SPECIAL!!
2009.05/03 (SUN) 23:30- @CLUB ROCKETS

CHARGE FREE!!

◆GUEST LIVE
A.Mochi (Figure / Mote-Evolver / Resound Records / from TOKYO)
http://amochi.re-sound.jp/blog/
http://www.myspace.com/amotch

◆GUEST DJz
KIHIRA NAOKI (Social Infection)
http://www.myspace.com/kihiranaoki
http://www.socialinfection.org

TEZ (GEMINI REC / from TOKYO)
http://www.myspace.com/geminirecordings

◆DJz
MASAHIRO GODA (SPECTRUM)
http://www.myspace.com/masahirogoda
Loe (SPECTRUM)

◆LASERWORK
SENCE OF WONDER

◆VISUALWORKS
TRAPEZOID
TRINITRON TV


◇ A.MOCHI (Figure / Mote-Evolver / Resound Records)
東京を拠点にLive/DJとして活動し、Len FakiのFigure、Francois KのWaveTec、Luke SlaterのMote-Evolverなどビッグネームのレーベルからリリースを重ねるプロデューサー。
2006年より「Highland」「Bonzai」「Hardsignal」「Tremors」などから12"/Digitalのリリースを重ね、 2007年にはUKテクノの巨匠Luke Slaterのレーベル「Mote-Evolver」から「Re:sound EP」をリリースし注目を集める。2008年にはAlex BauによるDBH-Music傘下のレーベル「Kumo」より「Ping EP」「Tunnel EP」をリリースした他、ハウス界の伝説的人物Francois K.のレーベル「WaveTec」より「Orion EP」リリースし、彼の作り出すトラックはテクノ・ハウス界のビッグネームに認めらる事となる。
また、2008年10月に世界最高峰クラブと称されるベルリンのBerghain/PanoramabarのレジデントLen Fakiのレーベル「Figure」からのリリースした「Battery EP」がAdam Beyer、Dubfire、Mauro Picotto、Anja Schneider、Mark Broom、Alex Bau、TomCraft、Umekなどにプレイサポート/チャートにピックアップされ注目を集める。
他にもダークかつ重厚でヘヴィな彼のトラックはLuke Slater、Francois K.、Chris Liebing、Dave Clarke、Len Faki、Paul Van Dyk、DJ WADAなどのチャートやプレイリストに入るなどまさにインターナショナルな評価を得ている。
2007年に自身のレーベル「Resound Records」をスタートさせ、彼がピックアップしたアーティストの楽曲をBeatport、iTunes、Junoなどでディジタルリリースし活動範囲を広げる。
2009年にもソロEP、Remixなど複数のプロジェクトを控えており、今後の活動から目が離せないアーティスト/プロデューサー「A.mochi」待望の大阪初ライブ!!


◇ KIHIRA NAOKI (Social Infection)
80年代終わりに京都にてDJを開始。90年代前半の日本のテクノ黎明期においては、関西のみならず、東京を始め全国に活動の幅を広げ現在に至る種をまく。2005年にはMix CD"Infected Soundscape"(Horizon)をリリース。2006年から毎年、ベルリン・ツアーを敢行。現在は長年にわたり自ら主宰する"Social Infection"や"地下茎"を中心に、Slash@Colors studio、club Museum@Unitではレジデントをつとめ、メタモルフォーゼには毎回出演するなど、ビックパーティーから地下の闇まで多岐に渡って活動。「ジャンルとは単なる分類用のラベルであり、その音楽の本質とは関係ない」という信念の元に横断的に生み出されるワン・アンド・オンリーなグルーブはパーティーの持つ潜在力を解放し、あなたの意識を直撃する!


◇ TEZ (GEMINI RECORDINGs)
1997年より活動を開始。
自身がDJ・プロデュースをし、関西のトランスシーンに衝撃を与えた"RING"も"BAYSIDE Jenny"のクローズと共に休止へ…
2000年にスペインのテックトランスレーベル"BOSHKE BEATS"のオフィシャルDJに抜擢!!され、プレイスタイルもトランスからテクノへ移行。2003年に東京へ上京し、新しいオーガナイズパーティー"77ELECTRO"を不定期に開催。
2005年には東京発ダブテクノレーベル"GEMINI RECORDINGS"のDJ・トラックメーカーとしても活動の幅を拡げる。
2008年、新たにラウンチしたパーティー"RAFT"のレジデントDJとして圧倒的世界観で国内はもとより、海外からも高い評価を得ることに成功している。
| CLUB/PARTY | 00:38 | comments(0) | - |
| 1/5PAGES | >>