CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
美味しんぼ (1)
美味しんぼ (1) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲, 花咲 アキラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
3mm
四国エリアタイドグラフ
四国エリアムーン表示
weather osaka
大阪港 潮見表
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2010シーズン開幕!!(か?w)
本日(日付変ってるから昨日?)シーバス釣行に行ってきました〜。

朝は仕事で岐阜にいたのですが、その前の晩から大雨。
大阪でも大雨と言うツイートを見て、活性が上がってそうな予感がヤッタv
見事に予感的中!

まず最初に行った南港某所ではローリングベイトにて岸壁沿いを引いていると、
ゴゴンとアタリが。

何度か同じ場所でバラしはすれど反応が!
着いてる着いてる〜ぴのこ:)
そしてその場所で42cmと45cmを2匹ゲット。

風が若干あったせいで、何度か岸壁にラインが絡まるトラブル連発だったので、
場所移動。

南港北東部に位置する某所へ。
ついてそうそういきなりヒット!
30cm

何度かアタリがありましたが、少し小ぶりな感じばかりだったので更に移動。

海底トンネルをくぐり某所wへ。

そこでもついてそうそうアタリが!
40cm台を3匹ゲットして計6匹と言う、
久々になかなかの結果に。

粘ればもう少し狙えていたのでしょうが、
推定60cmを痛恨のラインブレイクにて取り逃がしてしまっていた為に、
完全に意気消沈。納竿の運びに。。。

気温もグッと下がってきましたし、
いよいよシーズン開幕ではないでしょうか。

| 釣り | 01:34 | comments(14) | - |
阪神キビレ釣行
今日は西宮方面にお邪魔させて頂きましたが、どうにもこうにも、、、

よろがわ河口付近にも行きましたが無反応&根がかりロスト連発。。

ジグヘッド6個ぐらい逝ってしまいました。
すいません。。

途中から合流したSGR氏のアテンドで過去好調と噂のポイントへ、


数回のショートバイトの後、
グググーっとザルツ(7'6" チューブラー)がしなりました。
ラインはフロロの0.8号、慎重に寄せて足場が一番低くなっていた場所から引き抜きました。

明日から東京なので大阪での釣りはしばらくお休みです。



| 釣り | 05:13 | comments(0) | - |
SPECTRUM feat. DJ WADA×A.MOCHI
Saturday,3rd,July 2010
Absolutely underground music for lost generation
SPECTRUM

DOOR:2,500yen(w/1d)


>>>LIVE SET
A.MOCHI (Figure)

>>>DJ SET
DJ WADA (CO-FUSION)
omo(FUSION/Charm/Lovehenhouse/Palette)
OOSHIMA SHIGERU (SOCIAL INFECTION/DUB MAGUS FROM BEIRUT)

PCO (gift(N) / VERONICA)
MASAHIRO GODA (SPECTRUM)


>>>DECO
OREO

>>>LIGHTING×LASER WORK
SENCE OF WONDER (SPECTRUM)

--

DJ WADA (CO-FUSION)
80 年代初頭の六本木のディスコ「キャステル」よりDJのキャリアをスタートしたDJ WADA。現在約30年近くになるそのキャリアが培った、一見しただけでは説明できないほど複雑なEQの操作とフェーダーさばき…そんな正確無比なテクニックを持ち日々ダンス・フロアを操ってきた彼は、筋金入りのクラブ・フリークからも熱く支持されるDJである。六本木時代からの仲間のDJ/プロデュー サー、Heigo TaniとのユニットCo-Fusion名義では3枚、Atom名義では1枚のアルバムをリリース。アナログで発表した作品は20タイトルを超える。数々 の国内大型パーティーへライブ・アーティストCo-Fusionとしての出演を重ね、DJ WADAとしても日本のテクノの歴史を語る上で欠かすことのできないイベントに数多く出演。世界基準の音楽性やスキルは海外からも注目を集め、多数海外レーベルからの作品でも第一線のアーティストに全くひけをとらないクリエイティビティを発揮し、ヨーロッパ圏、アジア、アメリカなどへの遠征を重ね、合わ せると10カ国以上でのプレイを果たしてきた。
‘05年にクローズした伝説のクラブMANIAC LOVEでは12年間毎週土曜のレジデントDJを務め、その安定した人気と良質なテクノのレギュラーパーティー「Cycle」の名を 知らしめた。英「MUZIK」誌においても2000年には彼のパーティー「Cycle」およびMANIAC LOVEが世界のベスト・クラブに選ばれたという事実が示すように、そのプレイを聴いた多くのパーティーフリークが彼のDJのファンとなり、さらに、同業 者である多くのDJ達も彼の影響を受けたと公言する、まさに日本が誇るDJの中のDJである。

A.MOCHI (Figure)
東京を拠点にLive Act,DJとして活動し、Len FakiのFigure、Francois KのWaveTec、Luke SlaterのMote-Evolver、Sven VathのCocoon、DubfireのSCI+
TEC などビッグネームのレーベルからEP、Remixなどからリリースを重ねる プロデューサー。 2006 年よりHighland、Hardsignal、Tremorsなどからコンスタンスにリリースを重ね、2007年には Luke SlaterのレーベルMote-Evolverから2作品をリリース。2008年にはAlex BauのレーベルKumoより2枚の12インチをリリースした他、Francois K.のレーベルWaveTecよりリリースする。2008年10月には世界最高のクラブと称されるBerghainのレジデント Len FakiのレーベルFigureからリリースしたBattry EPがビックネーム達にプレイされ話題となる。2009年にFigureからリリースしたBlack Out EPが好セールスを記録すると共にSven VathのCocoon RecordingsからLen Fakiのヒット曲"Death By House"のRemixをAdam Beyer&Jesper DahlbackのRemixと共にリリース。他にもDubfire(Deep Dish)のSCI+TECやFigure、Craft MusicからRemixをリリースしEP、Remix含め10枚を超える12インチのリリースをしている。またChris LiebingのCLR PodcastへのMIX提供や頻繁に届くリリース・Remixオファーはヨーロッパでの注目度が高まっている事が伺える。トレードマークでもある力強い 重厚な楽曲はLen Faki、Luke Slater、Francois K.、Richie Hawtin、Adam Beyer、Dubfire、Mauro Picotto、Chris Liebing、Dave Clarke、Takkyu Ishino、Slam、Rejected、Deetron、Speedy J、Paul Van Dyk、Anja Schneider、Mark Broom、Alex Bau、Brendon Moeller、Jerome Sydenham、Josh Wink、Joel Mull、Julian Jeweil、TomCraft、Umek、Felix Krocherなどビッグネームにプレイサポートされており世界的な評価を得ている。2010年にもいくつかのリリースを控えておりその勢いはとどまるこ とを知らない。
http://amochi.re-sound.jp
http://www.myspace.com/amotch


omo(FUSION/Charm/Lovehenhouse/Palette)

千葉出身、兵庫生まれの25歳。2005 年度より本格的にDJ活動をスタートし屋内/野外をとはず様々な形態のPartyに参加。ミニマルを通過してからの彼自身の得たミニマリズムを軸としながらも Techno/Houseをワイドレンジに織り交ぜ、怪しさの中にフォーカスされた光を感じさせる世界を意識し、音の持つ美そして深みを如何に引き出す事に情熱を傾けてプレイ。2009年、音を追求する上で影響を受けたNOPとtecによる計12時間にも及ぶアンダーグランドParty「FUSION」に加入。また09年度末よりYuyama Tsuyoshi/hyota. /ARI/VJの9TV/カメラマンのKTOによる[Charm]という同年代のそれぞれの持つ魅力にフォーカスしたPartyを始動。2010年春「Charm Open Air」を開催し成功を収めている。

info:http://www.namba-rockets.com/?p=789#more-789
| CLUB/PARTY | 23:16 | comments(0) | - |
徳島釣行とか
週末の釣行結果。

5月14日(金)夜中
木津川某所でシーバス30cm弱

尻無川某所で約40cm

どちらも底より少し上をひいてるとって感じ。

まあまあスローリトリーブ。
特にアクション無し。

バラすのが続いてたんで少し救われたundefined

5月15日(土)
夜、徳島入り。
徳島ラーメン旨かった。
海鮮系に関しては、帰りに行った鳴門のびんび屋ヤバすぎ。最高。幸せw

夜中、何カ所か回って、もちろんローカル様の案内があってこそですが。

キビレのポイント。チヌボンボン+ガルプ(えび)

最初なかなか釣れなくて心が折れそうになりながらも堪えた…

会心の2匹をゲット。


| 釣り | 00:11 | comments(0) | - |
2010.06.19.sat FUSION@ROCKWEST


2010.06.19.SAT
FUSION@ROCKWEST

■ Line up

[Guset DJ]
KZA (FORCE OF NATURE)

[DJ]
山頂瞑想茶屋 (LIGHTHOUSE / DEEP)
MASAHIRO GODA (Spectrum / from Osaka)
YYOCHINN (Rule / DORMITORY K / CHEST!!!)
KIMURA YUTA (brain)

[Resident DJ]
NOP (FUSION / DIAL / troplott music)
omo (FUSION / Charm / Palette / Lovehenhouse)
tec (FUSION / SLASH)

[VJ]
V-sign Graphic ( Yashio Yonekura & 9TV )

計12時間にも及ぶロングタイムパーティーで東京のアンダーグラウンドシーンを刺激し続けている"FUSION"18回目の開催となる今回は、朝の部ゲストとして1st ALBUM 『D.A.E.』をMULEMUSIQのサブ・レーベルENDLESS FLIGHTよりリリースしたばかりのKZAを迎えての開催となる。更に夜の部には、野外パーティー"anoyo"や"渚"などで名を馳せる山頂瞑想茶屋、大阪随一のアンダーグラウンドテクノパーティー” Spectrum”よりMASAHIRO GODA、コアなトランス通のクラウドから称賛され続けている”DORMITORY K”を主催するYYOCHINNをブッキング。この日のROCKWESTのフロアは極限までに太陽へと接近!灼熱の惑星へとトリップさせてくれるであろう。地上7階最深アンダーグランド "FUSION"の航海はまだまだ続く。
http://www.clubberia.com/parties/158671
| CLUB/PARTY | 23:00 | comments(0) | - |
けじめ
SH3D00230002.jpg
新しく15バンドのEQを導入したので、それまで使っていたEQを家庭用にしてみた。

試行錯誤のサウンドチェック。

集合住宅なので、昼と夜とで出せる音量も変わってくる。

どこまで掘り下げる事ができるか分からない、できても15バンド。
知れてるね。


今日の夜食は野菜炒め。
実は今まで作った中で一番旨いと思った。
炒め鍋買っといて正解。
王将でのバイト経験も正解なのかな。

ちょっと不細工、
かなり不細工。

楽しかった。
ごめんね。
ありがとう。
| 音楽 | 21:08 | comments(0) | - |
休暇
4月30日

本日の業務終了時間より、5月4日までのGW突入!

ZIP@UNIONへ、
偶然首さんと遭遇、テキーラ及びイエガーなどを腹一杯頂く。
酩酊状態にてアメ村パトロール。
朝方気づいた場所はパノラマでした。

ZIPチームのみなさんお疲れ様でした。
そして首さんお世話になりました。


5月1日

8時頃起床。
二日酔い。

迎え酒を試すも完治せず。
少しシエスタ後、X−actの搬入@ジュール

設置完了後、ロケッツへ少し顔を出す。
DMFBを少し鑑賞しつつ、これから盛り上がりそうな雰囲気やな〜
と思いながらもAM4時、予定していた四国徳島への旅へ出発!

7時過ぎ、約3時間半程のドライブで徳島県牟岐到着。

牟岐の自然。


感謝の気持ちを込め、田植えのお手伝い。


続いてお昼ご飯にしようと玉葱畑へ、


ここの玉葱は甘いので、丸かじりOK!

昼食後、2010年度初サーフィン@生見海岸へ、お世話になった牟岐からは車で30分程度。


波は腰ぐらいのショアブレイク。

テイクオフしてもすぐに崩れてしまう波でしたが、2時間程久し振りの海を楽しむ。

戻って昼ご飯。

Macha尊師直々に米を炊いて頂く。@たけのこご飯。


そして鰹。


藁で一気に表面を焼く。


ファイヤー!!


そして素早く冷却。


鰹のたたき完成。


至福のお昼ご飯。穫れたて、
贅沢。
鰹以外はその土地で取れたもの。
いろりのセンターはオニオンスープ。


おろしたての鹿もたたきor刺身にて頂く。


のんびりしたひと時。


横を流れる川にて、ハエ入れ食い。
白ハエは食えるそうですが、
この赤ハエは旨くないとの事で、うなぎの餌にしました。

めばるロッドの竿先がググッとしなるぐらい引くので、結構楽しかったです。

翌朝、炭作りを教えてもらう。


窯。


一気に空気を入れると燃えてしまうので、少しずつブロックを外していく。
使用する木は樫。


かなり高温。
見ているだけで熱い。


完成品。
インテリア用との事。

その後、ウナギ釣りの餌、みみず掘り。

アンパンマンユンボ出動。
小指ぐらいの太さのみみず数匹GET


仕掛け。

川へ移動。
1mくらいの竿先へ、針へ房がけにしたみみずを軽く固定し、

うなぎが居そうな穴へ差し込んで行く。

うなぎが居れば勝負は早く、針をくわえ込むので、引っ張りだす。
class="pict" />
class="pict" />
取れ立てうなぎの塩焼き。

と言う事で、昨年のお盆以来の牟岐。
あっと言う間でしたが、すごくのんびりと、ゆったりとした時間を過ごせました。

帰りは渋滞30kmオーバーの表示が出てたりで、淡路島は下道走ったりして、
無事家に到着、
その後、A.Mochi氏のライヴを聞きに初めての上屋劇場へ。

充実した時間が過ごせました。
| 旅行/観光 | 04:56 | comments(0) | - |
瀬戸内釣行@広島県江田島周辺
呉在住の友人、かごちゃんの計らいで、
大阪より車で約4時間、江田島と言う所に行ってきました。


到着したのが朝7時頃、着いてすぐに港からメバルを狙ってみました。

メバル用の小さなバイブレーションを投げていると…

小さなメバルちゃん。

即リリース。


そうこうしている間に、かごちゃんの友人の「船長」到着。
船長の船にて出発!


初めての船釣りにかなりテンションあがりました。

宮島の近くにも行きました。

瀬戸内の景色は好天にも恵まれ、最高!

牡蠣の養殖イカダに船をつけたり…


船長がポイントを案内してくれました。

魚群探知機を見たりしながら…

棚は焼く水深20m〜30m

一緒に行ったSGR氏。変な魚釣れた〜〜


20cm台のガシラがよく釣れました。


なんだかんだで朝9時ぐらいから夕方4時ぐらいまで、釣りしてました。

船を降りてからも、目を閉じるとフワフワ波に揺られる感覚w
幸い今回は風もなく、素晴らしい凪でした。

ただ、大きな船が近くを通ると、それなりに揺れます。


釣りを終え、船長宅にて、朝取れたばかりの牡蠣と、本日の釣果のガシラの煮付けをいただく。
もとい、水揚げ1時間以内の牡蠣。



ちなみに牡蠣に関しましては、春には牡蠣食べ放題の「牡蠣マラソン」と言う催しが開催されるとの事。
町おこしイベントなのでしょうか?非常に興味深い。

帰りに呉市内でお好み焼き。


本日の釣果。テイクアウト分。



釣り三昧。
大好きなお好み焼きと牡蠣。

なんと贅沢な…
素晴らしい休日を満喫させて頂きました。
毎日やっていたい…


江田島クルーに感謝です。

江田島、癖になりそうですww
| 釣り | 03:16 | comments(0) | - |
SPECTRUM 10th ANNIV.PARTY!!
詳細が出たのでご報告させて頂きます。
盛り上がっていきましょー!
メ〜ン!

■2000⇔SPECTRUM 10th ANNIVERSARY⇔2010…■

受け取るたびに見えなくなって、
見いだす度に消えていって、気がつけば10年の歳月。
あんな顔や変な顔、こんな顔にどんな顔?
面倒臭い奴や親友と呼べるまでになった奴。

出会いと別れ…。
…それぞれの節目にはスペクトラムというパーティーがありました。

諸先輩方、DJの皆様、物好きな光彩チーム。
そして、足を運んでくれた全ての方々に支えられた10年。
行き当たりばったりとも言える年月から得たものは、何物にも代え難く大事な宝物となりました。

これからも相変わらずマイペースにやって行ければと…。
時に皆様よりのご指導ご鞭撻を頂戴できれば幸いかと存じます。

盛り上がっていこうぜ!!!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◇SPECTRUM◇
 2010/03/27(sat) @CLUB ROCKETS 23:00-
 DOOR: ¥2,500.-(w/1drink)

◇DJ◇
■SHIN NISHIMURA (PLUS RECORDS/SCI+TEC)
 http://www.myspace.com/shinnishimura

■KIHIRA NAOKI (SOCIAL INFECTION)
 http://www.myspace.com/kihiranaoki
 http://www.socialinfection.org

■OOSHIMA SHIGERU (SOCIAL INFECTION/DUB MAGUS FROM BEIRUT)
 http://www.myspace.com/dubmagusfrombeirut
 http://www.socialinfection.org

■TEZ (RAFT TOKYO)
 http://www.myspace.com/raftokyo

■KAI (SPECTRUM)

■MASAHIRO GODA (SPECTRUM)

◇LIVE◇
■A.MOCHI (FIGURE)
 http://amochi.re-sound.jp/

◇LIGHTING×SPACE LAZER◇
■SENCE OF WONDER


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆SHIN NISHIMURA (PLUS RECORDS/SCI+TEC)
「何もない状況は当たり前。だからポジティブに考えればいい。」上海に拠点を
置いていた時代、中国の政治的な動きや法律など様々な向かい風が吹き荒れる中、
上海と北京にてテクノパーティー「PLUS」をスタート。
現地にテクノ・シーンを根付かせることに成功する。2001年、にはドイツの最大
のテクノ・レイヴ「MAY DAY」に出演。翌年、日本でも「PLUS TOKYO」をスター
ト。それに続き、2004年にはセルフレーベル「Plus Records」をを再スタート。2005年4月には初のフルアルバム「STAR☆LIGHT」を発表し、日本最大の屋内レイヴ「WIRE05」においてはライブアクトで出演。WIRE史上でライブ、DJのでの出演経歴は石野卓球、ケンイシイに続く3人目となった。「PLUS TOKYO」4周年にクラブAIRでライブレコーディングしたMIX CD「MIX WITH A CHEER」のリリース、2007年にはセカンドフルアルバム「VLOW」、2008年サードセルフアルバム「IDENTITY POLITICS」をライブセットとして「PLUS TOKYO」にてライブレコーディング。と様々なユニークな作品の発表でプロデューサーとしても瞬く間にパワーアップし、海外からも再度注目を浴びる。同年、ドイツ、フランスからのリリースを皮切りにUK音楽雑誌「iDJ MAG」の「ベスト・テクノチューン」に選ばれ、全世界のミニマル部門チャートで6位を記録。そして2009年DEEP DISHのメンバーであるDUBFIREの運営するレーベル「SCI+TEC」から「Frustration」をリリースし、TIESTO,KEN ISHIIなど数々のトップDJのチャートイン、JOHN DIGWEEDやCARL COXのラジオ番組でプレイされ、数々のオランダ、スペインを中心とした巨大イベントへの出演など、世界の活動からも目が離せない。ロンドン、上海、東京…と拠点を変えキャリアを積んだSHIN NISHIMURAだからこそ作り出せる音の世界観をぜひ体感して欲しい。
http://www.myspace.com/shinnishimura
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆KIHIRA NAOKI (SOCIAL INFECTION)
音をジャンルで分類することの無力さに気づかせてくれるDJ。
パンクのカオス感やレゲエの精神性さえもエレクトリックダンスミュージックとして表現できる、日本では希少な存在となっている。
その独自性はパーティーに対するストイックな姿勢から生まれ、「DJであることはもちろんだが、それ以前にその場の一員でありたい」と語る彼は、常にフロアとブースの接点を探す。
現場に音を打ち込み「壁」を壊し、どこにも中心のないネットワークを作る。
その空間全体の自律的な動きを感じとり「発火装置」に点火し、自身もその流れに身を任せる。彼が発するグルーヴとは、実は新たに生まれつつあるコミュニティが、自ら歓びに震えて発する叫びなのである。
http://www.socialinfection.org/
http://www.myspace.com/kihiranaoki
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆OOSHIMA SHIGERU(SOCIAL INFECTION/DUB MAGUS FROM BEIRUT)
十代半ばから関西アンダーグラウンドにおいて、いくつかのハードコア〜オルタナティブバンドに参加し数多くのリリース、ツアー等をこなしてきた。 2000年から活動したbeirut5を母体に派生したDUB MAGUS FROM BEIRUTにて、現在は活動中。これまで数本のライブしか行っていないが、既に共演したDANDY JACKやAndrew Weatherallらからもそのライブは賞賛の声を得ている。DJとしては2003年からKIHIRA NAOKIらがオーガナイズするS.I/地下茎に参加。東心斎橋のバーatmosphareにて毎週水曜日にレギュラーでプレイなど。
http://www.socialinfection.org/
http://www.myspace.com/dubmagusfrombeirut
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆A.Mochi (Figure)
東京を拠点にLive Act,DJとして活動し、Len FakiのFigure、Francois KのWaveTec、Luke SlaterのMote-Evolver、Sven VathのCocoon、DubfireのSCI+TECなどビッグネームのレーベルからEP、Remixなどからリリースを重ねるプロデューサー。 2006 年よりHighland、Hardsignal、Tremorsなどからコンスタンスにリリースを重ね、2007年にはLuke SlaterのレーベルMote-Evolverから2作品をリリース。2008年にはAlex BauのレーベルKumoより2枚の12インチをリリースした他、Francois K.のレーベルWaveTecよりリリースする。2008年10月には世界最高のクラブと称されるBerghainのレジデントLen FakiのレーベルFigureからリリースしたBattry EPがビックネーム達にプレイされ話題となる。2009年にFigureからリリースしたBlack Out EPが好セールスを記録すると共にSven VathのCocoon RecordingsからLen Fakiのヒット曲"Death By House"のRemixをAdam Beyer&Jesper DahlbackのRemixと共にリリース。他にもDubfire(Deep Dish)のSCI+TECやFigure、Craft MusicからRemixをリリースしEP、Remix含め10枚を超える12インチのリリースをしている。またChris LiebingのCLR PodcastへのMIX提供や頻繁に届くリリース・Remixオファーはヨーロッパでの注目度が高まっている事が伺える。トレードマークでもある力強い重厚な楽曲はLen Faki、Luke Slater、Francois K.、Richie Hawtin、Adam Beyer、Dubfire、Mauro Picotto、Chris Liebing、Dave Clarke、Takkyu Ishino、Slam、Rejected、Deetron、Speedy J、Paul Van Dyk、Anja Schneider、Mark Broom、Alex Bau、Brendon Moeller、Jerome Sydenham、Josh Wink、Joel Mull、Julian Jeweil、TomCraft、Umek、Felix Krocherなどビッグネームにプレイサポートされており世界的な評価を得ている。2010年にもいくつかのリリースを控えておりその勢いはとどまることを知らない。
http://amochi.re-sound.jp
http://www.myspace.com/amotch
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆TEZ (RAFT TOKYO / Gemini Recordings)
1997年より活動を開始。自身がDJ・プロデュースをし、関西シーンに衝撃を与えた
RINGも、BAYSIDE Jennyのクローズと共に休止へ…
2000年にスペインのテックトランスレーベルBOSHKE BEATSのオフィシャルDJに抜擢され、プレイスタイルもテクノへ移行。
2003年に東京へ上京し、新しいオーガナイズパーティー77ELECTROを不定期に
開催。2005年には東京発ダブテクノレーベルGemini Recordingsの
DJ・トラックメーカーとしても活動の幅を拡げる。そして今年2008年、圧倒的世界
観で国内はもとより海外からも高い評価を得る事に成功し、新たにラウンチしたパーティー「RAFT TOKYO」のレジデントDJとして活動している。
http://www.myspace.com/raftokyo
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆KAI (SPECTRUM)
90年代初頭、今はなき京都のクラブMushroomにて、初めてテクノ・ハウスミュージックを体験し衝撃を受け、レイブカルチャーに傾倒、間もなく自身もDJ活動を開始する。その後、大阪Bayside Jennyを拠点に関西のテック・ミニマルトランスシーンを牽引してきたオーガナイズ集団Ringに参加。自身も地元神戸にてfreeXstyleを主催する。Ringの活動休止後、難波Rocketsを拠点にRoman Flugel、Ellen Alien、Los Hermanos、PASCAL FEOS等を招聘し、独自の世界観で精力的に活動するSPECTRUMに参加。
野太いボトムグルーヴをベーシックに、音と音の狭間に存在するファンクネスを抽出、表現する為に、日々精進しています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆MASAHIRO GODA (SPECTRUM)
中2で関西某球団の私設応援団に強制加入。トランペットを担当。その時から巡業と放浪、旅の人生が始まる。20代、サーフィンに没頭。ハワイ、バリ、宮崎、湘南、千葉などをトリップ。多くの素晴らしいサーファーから、ポジティブエナジーと共に、レゲエやルーツミュージックの素晴らしさを教えてもらう。
1998年、今はなき大阪−南堀江、火の鳥村[Cafe del sol]にてテクノミュージックに遭遇、DJ開始。
2001年[HAPPINESS]2002年[Sticky]2004年[Habitual]開始。
全ての人が、ありのままに、その状態を楽しめるような、そんなナチュラルで甘美な音の空間を少しでも作るべく、日々精進。全国釣行。これまでに出会った多くの人たちへの感謝の気持ちをターンテーブルに充填し、音圧をあげていきます。
http://goda.jugem.jp/
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
| CLUB/PARTY | 10:01 | comments(0) | - |
アクセスログ(リンク元)ベスト5
新年1発目!w

twitterばかりで全然更新しておりません。。。

アクセスログを見たら↓こんな感じだったのでご報告。

1位 http://twitter.com/masahirogoda
   ついったー

2位 http://ameblo.jp/nopmagic/
   なんとNOPくんのブログ

3位 http://www.goldenpneuma.com/blog.htm
   いつもお世話になっております。bessy氏のdave bowman's cafe on

4位 http://ameblo.jp/nopmagic
   なんとまたまたNOPくんとこ!w

5位 http://spectrum0480.wordpress.com/
   相方YAMAYAKI氏のブログ

そして、、、

9位 日本が誇るスラッガーw重低音ハードコアテクノ。モチくんのサイト
   http://amochi.re-sound.jp/blog/

って、言うか、クラブ系のスペシャリストのブログから、パッと飛んで来てみたら
魚の写真がドーン!って。。。

緩急つきすぎですよね。すいません。

ルアーのスペシャリスト目指して頑張ります。
| - | 20:36 | comments(0) | - |
| 1/16PAGES | >>